人間ドックで疾患の早期発見できる検査3選!

人間ドックで疾患の早期発見できる検査3選!

血液検査で今の体の状態を知ろう

血液検査は自分の今現在の体の縮図と言ってもいいくらいの情報を提供してくれます。これにより各値の異常値を発見し予見される疾患を未然に防ぐか、疾患が重傷であれば徹底的に数値を下げる医療を案内してくれます。血液検査で一番気になるのが総コレストロールになります。本来コレストロールは体に必要な物質なので体内で生成されます。そのため数値が高いという事は高カロリーな物やアルコールの過剰摂取が原因になりますので、節制する事で心筋梗塞や脳梗塞を未然に防ぐ事に繋がります。

エコーで内臓疾患をくまなく検査

エコーは主に内臓を検査します。超音波を体に当てそれをコンピューターにより映像化して疾患を探すというものになります。精度がかなり高く技術の進歩も手伝い本物の映像を見ているような錯覚に陥るぐらいです。ドクターが内臓の部位と位置を説明しながら、異常があるか無いかをその場で一緒にモニターを見ます。特に念入りに見るが沈黙の臓器と言われる肝臓と結石です。肝臓は疾患があっても痛みを伴わないため早期発見が重要です。結石も早期治療の為早く見つける事が出来れば幸いです。

胃カメラで食道から十二指腸目で徹底検査

胃カメラは想像を絶する苦しみの代償として大きな情報を与えてくれます。まずは食道です。胃カメラ初経験の人は苦しみで最初の挿入時にはモニターを見る余裕が無いと思いますので、引き抜かれるときは比較的楽なので見てみて下さい。特に喫煙者タールで黒くなっています。禁煙のきっかけになるかもしれもせんので。次にいです。ここは重要で潰瘍や炎症を見ます。特に重要なのが胃がんの原因と言われているピロリ菌の発見です。次が十二指腸です。こちらもアルコールによって健康を損なっているかどうか判断できます。

人間ドックの評判は、それぞれの医療機関の設備や医師の質などによっても異なるため、かかりつけの医療機関などから情報を得ることが重要です。