うつ病生活をサポートする便利サービス3選

うつ病生活をサポートする便利サービス3選

その一家事援助について

うつ病を発病すると全ての生活能力が落ちる傾向が強くなります。その時に役立つのが障害福祉サービスによる家事援助があります。患者様がどのようにしたら掃除・洗濯をしやすくなるのを相談支援専門員が考え、患者様に提案します。患者様や関係機関が納得したらサービスが提供されます。うつ病の状態に応じてサービスの量を増減させたり、サービスの内容を掃除から調理に変えたりします。患者様が病気がある状態で自立していけるように考えていきますよ。

その二就労援助について

次にうつ病があっても働きたい人はたくさんいます。しかし、うつ病だと人間関係が苦手な人が多いです。そのような人のために障害福祉サービスによる就労継続支援があります。働く上での人間関係のトレーニングもしていきます。その過程を卒業できると判断された場合には障害者就業・生活支援センターもあり、様々な仕事の相談に乗る事も可能になります。うつ病を持っていても働きたい人にはぜひ紹介したいおすすめのサービスですよ。

その三日常生活自立支援事業

最後に日常生活自立支援事業があります。うつ病になると様々な力が落ちてきます。そして金銭管理の力が落ちてきたりする場合が数多くあります。そのような場合に社会福祉協議会が提供するこのサービスを利用すると、お金をはじめとして、貴重品を預かってもらえます。金銭面の相談に乗る事も可能になります。必要に応じて様々なクレジットなどの契約行為などの相談も可能になります。本人に判断能力がない場合には家族からの成年後見制度の利用の相談も可能です。

企業においては、従業員の精神的ストレスの度合いを把握するために、ウェブ上でのうつ病チェックを定期的に行っています。