少ない支払いでも旨みの大きいふるさと納税

少ない支払いでも旨みの大きいふるさと納税

ふるさと納税って何をするものなの?

近年、色々な目的で「ふるさと納税」という言葉をよく耳にするようになりました。状況によっては財政の厳しい地方自治体にも税収を得るチャンスとなり、町興しの活力源としても注目が集まっています。21世紀の新しい収入源とも言えるふるさと納税、なまえは「ふるさと」ですが、自身の故郷でないと納税できないわけではありません。住所登録をしていない地方自治体にでも、訪れたことがないところへでも納税が可能ですし、自治体によってはその税金の使い道をこちらで選ぶことも出来るので、福祉の充実、公共事業の拡充など、納税者が目指すまちづくりの一助となり得るのです。

寄付金扱いとなり、大きく節税できる

このふるさと納税が人気な理由の一つが節税になることです。ふるさと納税は法律できちんと定められた寄付金にあたり、その金額に応じて住民税や所得税などの税金が年末調整での還付対象になるのです。納税希望者の収入の内訳や家族構成などによっても変わってきますが、個人によって「いくらまでなら懐を痛める度合を減らして納税ができるか」を調べることが可能です。役所の納税課などでも確認できますが、インターネットでも簡単に産出が可能です。

もらえるお礼も激化しており狙い目

ただ支払うだけなら結局マイナスになるのでは?と考える方も多いかもしれませんが、それは違います。ふるさと納税のもう一つの魅力がその地方自治体からのお礼です。金額に応じて充実度も変わりますが、その地方地方で作られている農産物、水産物などの食べ物や工芸品、地元のゆるキャラグッズなど、バラエティに富んだプレゼントをいただくことが可能です。納税してほしい自治体側の競争も激化しており、高級なお肉や希少な地酒などが出回ることもあるのです。

普段はあまり手が出せない各地域の高級な特産品が、少ない負担で手に入ることがふるさと納税の大きなメリットです。