男子よ!包茎でも怖がるな!日本人のほとんどが包茎だ!

男子よ!包茎でも怖がるな!日本人のほとんどが包茎だ!

包茎にも種類があるぞ!

包茎には、大きく分けて2種類の包茎があります。真性包茎と仮性包茎です。実は日本人の多くは仮性包茎と言われています。そのため、皮を被っているからってすぐに手術しなくては、とか性行為ができないとか、恥ずかしいとかって思わなくても大乗です。仮性包茎であれば、性行為もできるし手術の必要もほとんどありません。ほとんどっていうことは仮性包茎にも程度の違いがあり、重度の仮性包茎はやはり手術が必要となってきます。

真性包茎の場合はどうすればいいの?

真性包茎は、その名称通り亀頭部分の皮が被った状態のままを指しています。つまり勃起をしても、手で剥こうとしても皮が剥けない状態です。このままでは、性行為はおろか、不衛生で性病になる可能性も多く考えられます。そのため、余分な皮を切除する手術が必要となってきます。手術自体は、一日の行程で終わり通院のみです。しかし、亀頭が表に出たことによって肌着などの擦れる痛みがひどく、馴れるまでは1か月ぐらいかかると言われます。

仮性包茎であれば心配なし?

仮性包茎は、勃起時や手で皮がむけて亀頭が出る状態です。性行為なども問題なく行えますが、仮性包茎の中でも少ししか亀頭部分が出ない場合は、真性包茎同様の手術が必要です。また、仮性包茎の場合は、常に亀頭部分が露出しているわけでは無いために、亀頭部分から匂いが発生する場合があります。そのため常に清潔に保つようにしなければなりません。また、性行為の挿入時に余分な皮を巻き込む可能性もあるので、十分な注意が必要となってきます。

男性の陰茎に包皮が被っており、亀頭が露出しない状態を指します。包茎には主に3種類あるとされており、真性、仮性、カントンに分類されます。