うつ病の治療に必要になってくる3つのポイント

うつ病の治療に必要になってくる3つのポイント

うつ病の治療はまずは静養が第一

もしも、うつ病になってしまった場合は、とにかく静養することが大事になってきます。しかし、静養するということが、うつ病の人にとってはつらい部分でもあります。うつ病の人の多くは、仕事を休んだり、学校を休んだりしている状態になると、あせりを覚えてしまう人が多いからです。しかし、うつ病の症状が重い時に無理をして、仕事をしたり勉強をしたりすれば、さらに状態は悪化します。せっかく薬を服用してよくなっても、すぐに再発してしまいます。ですから、十分病気の症状が回復するまでは、ゆっくりと静養することが重要になってきます。

病院のうつ病治療の基本は薬物療法

うつ病の医療機関での基本的な治療スタンスとしては、薬物療法が中心となっています。どのような薬を服用するのかというと、脳内のセロトニンと呼ばれる神経伝達物質を増やすための薬を服用することが多いです。このセロトニンという物質は、精神的な安心感をもたらす物質であり、セロトニンが不足すると不安感が増したりします。うつ病の人は、特にセロトニンが減少しているケースがほとんどですから、薬を服用してセロトニンの量を調節することが重要になってきます。

薬物療法以外にもあるうつ病の治療法

うつ病の治療方法の中心は薬物療法ですが、他にも心理療法と呼ばれる治療法があります。これは、うつ病の人に多くみられる、物事の認知のゆがみを整える治療法となります。認知のゆがみがあると、物事を大げさに、否定的にとらえてしまうことがあります。このような考え方のクセがあると、なかなか物事を前向きにとらえることができず、うつ病の状態がなかなかよくならないといったこともあります。そこで、心理療法を行うことによって、考え方の幅を広げることができるようになり、少しでも物事を前向きにとらえることができるようになります。

うつの診断とは精神科や心療内科でうつ病が発覚した患者に「あなたはうつ病の可能性があります。」と診断することです。